保育士を確保するときのプラン

免許を保有している人を対象

保育士を新しく採用する際には、既に免許を保有している人を対象に募集を呼び掛ける方法があります。ハローワークもしくはインターネットを利用して求人を出して、人材を募集していき新たな人員を確保します。なお、保育士の免許を既に保有している人を対象にするプランでは次のケースに分類することが可能です。保育園で実際に働いたことがある人を募集するか、もしくは末経験者を雇用する場合と両方を併用するタイプが存在します。

まだ保育士の免許を持っていない人を対象にする

新しく人材を募集する際には、保育士の資格を保有していない人を対象に含めることも可能です。このとき、募集をするときの求人には免許の取得に必要な費用を負担する旨を記載しておきます。つまり、まだ資格を持ってない人に対して資金を補助して取得してもらい人員を揃えるパターンです。このとき、指定する期間働いてもらう代わりに資格取得の補助に要した資金の返済を不要にする仕組みにします。以上より、新しく人材を確保して人員を揃えるときにはこのようなやり方も検討することができます。

保育士を雇用する場合のまとめ

求人を出して保育士を新たに雇い入れるときに、求人に記載する内容は採用するスタイルで違ってきます。免許を保有しているかそうでないかでパターンが分類し、そのどちらかを選んだ後に選択した方に沿って記載します。しかし、時と場合によっては両方のケースを募集の内容に記載して人材を求める方法も考えることが可能です。そのため、保育士の雇用においてはそのときの状況に応じて求人に記載する内容を熟考する必要があります。

少子化と言われる昨今ですが、保育園の数が足りないことが非常に問題視されています。その背景にある保育士不足を解消すべく、近年では短時間や好きな時間だけ働ける保育園の求人が増加傾向にあります。