英語能力を生かして職探し!英語が使える仕事は?

外資系はまさに英語のステージ

英語を生かすのであれば、外資系の企業が狙い目です。社内の人間はもちろん、お客様も外国人というケースが多いので外資系の企業に入社すれば英語を使わない日はないと言っても過言ではありません。単に英語を話せるだけというのは駄目で、仕事に関する難しい単語や戦略などを説明できなければ社員として機能できません。日本人と外国人では言葉の言い回しや主張の仕方などが異なりますので、それらの人種的な違いも把握する必要があります。

旅館やホテルも狙い目

英語を生かせる職場として旅館やホテルも狙い目です。日本は現在少子高齢化が進んでいて、人口も減少傾向です。故に宿泊業界は日本人だけを相手にしていると利益を上げることができず、外国人客を増やしていかなければいけません。なので、宿泊業界では英会話能力に長けている人が求められています。接客に関しては業務を行う内にスキルを獲得できるので問題ありません。外国人客と普通にコミュニケーションできれば、より有益な人材となれます。

通訳など特殊な道もある

英会話能力を生かすには、通訳という道もあります。通訳は、見ている分には単に英語を訳しているだけのように思えますが実は高度な技術が必要です。相手の発言内容をかみ砕き、それを他の言語に変換するというのは英語の能力だけでなくある程度頭の回転の速さも重要です。グローバルな社会になりつつあるので、通訳の役割も高まっており大きな期待と責任感を背負って働くことができます。このように英語の秘める可能性は大きく、更に社会で活躍できます。

英語の転職を目指すメリットとして、グローバル企業で活躍のチャンスが広がることや、英会話に関するスキルを高められることがあります。